広告の画面最上部用のタグの記述


*--DIARY--*

管理人の日記です。



iMac  2004/07/18(日)
下水が詰まる  2004/07/13(火)
タバコの煙  2004/07/11(日)


iMac
私のことを昔からご存じの方(そんな人いるのだろうか?って感じですが)は知っておられるかもしれませんが、実は私が最初に触ったPCはMacである。
その最初のMacは今では家にはなく、今は夫が職場の自室で使っているらしいのだが、かなり古い物である。
そしてその次に私が使っていてそして今でも愛用しているのが、この日記を書くのに使っているかなり前のiMacだ。

CGIスクリプトを書き始めたばかりのころCGIのテストがまともに出来ないMacが大嫌いで、Windowsは何てすばらしいんだろうといつも思っていた。
その点は今でも多分変わらず、スクリプトを作成する時にはMacの出番はない。
従ってスクリプトを書いたりテストしたりする際には何の訳にも立っていないiMacなのだが、メールの送受信やネットサーフィンには今でも古くなってしまったこのiMacを愛用している。(何しろウィルスのことを何も気にしなくていいのが、本当に有り難いので。)
そしてずっと前には「Macって可愛い」などという人を気持ち悪がっていた私が最近では気が付くとなぜかこのオレンジ色のiMacを可愛く思っていたりしている。

そんな自分が変だなあと苦笑している今日この頃である。
Date: 2004/07/18(日)


下水が詰まる

年に何回か必ず台所の排水が流れる下水管が詰まる。
いわゆる「詰まり抜き屋」さんを呼べば良いのだけれど、こんなことで毎回お金を払うのも何だか馬鹿らしくて最近は出来るところまでは自分でやることにしている。

今回はその下水管ではなくて、少し先の管が詰まった。
おかげでこの炎天下、庭でホースやらバケツやらを使って悪臭に悩まされながら何時間も下水と格闘するはめになった。
下水管の類は家の裏側にあるのだが、そのさらに裏の土地に昔私の父が植えた蔦が今では恐ろしい勢いで伸び放題になっており、今回下水マスの蓋があったはずのところはすべて蔦でおおい隠されていた。
従って作業は、蔦とその下の気味の悪い虫たちと暑さと悪臭等々との戦いの中で続けられたのであった。

数時間後、何とか水が流れるようになってホッとした。
最初の頃来てもらった水道の修理屋さんが、台所で油ものを洗った後の注意など事細かに教えて言ってくれたのだが、それを実行しても事態はいつになっても変わらず、相変わらず年に何回かは詰まっている。
最近こうも台所からの排水管が詰まるのは、私が使っている台所用石鹸の所為のような気がしてきた。というのは配水管に詰まっているのは軽石のような形状の白い塊なのだが、これが油汚れと石鹸かすから出来ているように思えてならないのだ。
それともそうではなくて、どこの家でも年に何回かは下水マスや配水管の掃除をしているものなのだろうか。
誰かに聞いてみたいと思いながら、詰まりが直るとすっかりそのことは忘れてしまうため、いまだに誰にも聞きそびれている。

※今日も日記とは全く関係のないクロちゃんの画像です。
Date: 2004/07/13(火)


タバコの煙
今朝ゴミ出しに行った時、通りかかった出勤途中のサラリーマンらしき人が歩きながらタバコを吸っていたらしく、通り過ぎた後でタバコの煙の匂いがした。
実は私はタバコの煙の匂いがちょっと好きである。(あまり煙い場合は別として)というのは、私にとってタバコの煙は非日常に属するものだから。

私や夫を含め、私の親兄弟にも夫の親兄弟にもタバコを吸う人はいない。だから生まれてこの方家で灰皿というものを見たことがない。
小さい頃、タバコを吸っていた唯一の身近な人は叔父(母の兄)だった。月に一度、叔父は私の家の離れに住んでいる私の祖母(叔父の母親)を訪れていたのだが、その時決まってタバコを吸っていた。今は亡きこの叔父が小さいときから私をとてもかわいがってくれていたので、タバコの煙からまずこの叔父を連想して懐かしい。

今朝はなぜかタバコの煙で「旅行」とか「朝の新幹線」とかを連想した。結婚してからの旅行は車ばかりなので、これもやっぱり小さいときの旅行の思い出につながるのだろうか。

※今日の写真は話題に全く関係ないクロちゃんです。
Date: 2004/07/11(日)


現行ログ/ [1] [2]
スペース区切りで複数指定可能 OR  AND

008456
[TOP] [HOME]
shiromuku(r3)DIARY version 2.01
CGIレンタルPerl CGI's By Mrs. Shiromuku

広告の画面最下部用のタグの記述